脊梁の盟主で熊本県最高峰
シャクナゲの秘境コース

五勇橋から国見岳(1739m)

2022年5月8日
(日)

参加料10,300円
体力度:3.5
ガイ ド:岩田
標高差:約750m
行動時間:約6時間
集合場所
 金立SA下駐車場・6:00
 佐賀市役所西向い6:15
 諸富支所・・・・・・6:30
 みやま市役所・・・・7:00
ガイドクラブ連絡先
0952-37-0577
当日090-7389-6830
                山頂付近の祠と山頂を目指す登山者

<タイムスケジュール>
金立SA下駐車場6:00==佐賀市役所西向い6:15==諸富支所6:30==みやま市役所7:00==御船IC8:00=二本杉峠=五勇橋登山口(970m)9:30(ストレッチ)10:00・・(急登)・・尾根出会い11:00・・・
国見岳12:45(昼食)13:30・・・尾根出会い15:00・・・五勇橋15:45⇒移動開始16:15==佐俣の湯17:00入浴18:00==御船IC19:00==みやま市役所20:00==諸富支所20:30==佐賀市役所西向い20:45==金立SA下駐車場21:00
※コースやタイムスケジュールは道路状況や登山道によって変更する事があります。
※温泉は砥用にある佐俣の湯を予定していますが、新型コロナウィルスが蔓延した時は中止もあります。

《山とコースの概要》
熊本県宮崎県県境に南北に続く九州脊梁の盟主と言えば国見岳(くにみだけ)だ。おおぐるみ(大国見)とも呼ばれ、高千穂峰と同じ天孫降臨伝説がある。4月29日山頂の祠で神事があったが今は椎葉側の林道が通行止めで麓で行われている。登山口は比較的簡単な北の内大臣林道と五家荘とあるが、毎年の集中豪雨で内大臣林道が長きにわたり通行止めで五勇橋からの登山のみとなる。しかしそのアプローチも五家荘の一つ樅木からさらに奥に進み、集落名は残ってるがほとんどが空き家か廃村の間を縫って川辺川の源流へ進むと今回の登山口五勇橋だ。
林道をしばらく歩いて登山口がありそこから急登が始まる。旧登山道と合流すると、なだらかになり登りやすくなる。しかししっかり標高差あるのでペースを乱さず登ろう。山頂付近に近づくに従い、シャクナゲの群落が現れ、その間を縫って登る感じだ。山頂付近はブナの立ち枯れが目立ち、視界は良好だ。山頂には祠があり360度のパノラマを楽しめる。下山は往路を使うが急な箇所があり注意して下ろう。アプローチは狭い山道が長いので、車酔い対策をお願いします。



 装備品名 ◎=絶対に必要 ○=必要 △=あれば便利
 雨具  地図・コンパス
 防寒具  タオル・バンダナ
 帽子・日焼け止め  サングラス又はゴーグル
 手袋  水に溶けるティッシュ
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計
 水・水筒・保冷ポット  健康保険証写し
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  お弁当
 ヘッドランプ  百名山スタンプ地図
 温泉セット  携帯電話・スマホ

<参加の注意点>
・ 料金に含まれるもの=保険料・交通費・ガイド料・入浴料。
・ 含まれないもの=昼食・行動食・個人の装備など。
・ 参加料は1週間前までにお願いします。
・ キャンセルにつきましては、3日前から参加費の50%かかります。
 当日キャンセルは返却いたしませんのでご了承ください。.
・ コース距離が長いのでストックがあると便利です
・九州百名山スタンプが付きます。10個で日帰り半額20個で日帰り無料となります(島めぐりを除く)

・ 雨具など必要な装備が無い時など、装備不十分とリーダーが判断した時は山行を取りやめていただくことがあります