大船山(1786m)
今水登山口から東尾根へ

22年11月5日(土)
参加料8.500円
体力度:4.5  標高差900m
行動時間:7時間
ガイド:岩田
集合場所
 佐賀市役所西向い・・6:00
 金立SA下駐車場・・・6:15
 東脊振支所前・・・・・6:30
 ガイドクラブ連絡先
0952-37-0577
当日090-7389-6830


<スケジュール> 
佐賀市役所西向い6:00==金立SA下駐車場6:15==東脊振支所前6:30==東脊振IC==玖珠IC7:30==今水登山口(830m)8:30⇒ストレッチ9:00・・・ガラン台分岐9:30・・・前セリ10:00・・(東尾根)・・御池・・大船山12:30(昼食)13:15・・・北大船(1706m)14:00・・急降下・・風穴分岐15:30・・・前ゼリ16:45・・・登山口(900)17:00⇒ストレッチ17:30==レゾネイト久住温泉入浴18:00〜19:00==玖珠IC20:00==東脊振21:00==金立SA下駐車場21:15==佐賀市役所西向い21:30

※タイムスケジュールは道路や登山道の状況によって変更する事があります。

<コースの概要>
大船山(たいせんざん)九重連山の盟主のひとつである。やや東に位置しているため縦走は難しいので大船山のみを目指すことが多い。また南から入山すれば標高差があり厳しいし、北から入山すれば標高差は少ないが坊がつるを越えていくため距離がかさみ厳しくなる。山頂付近は噴火口の米窪や段原、そして紅葉が美しい御池がありこの山が火山であることを認識します。その周辺は国の天然記念物に指定されている大船山のミヤマキリシマの群落地で有名である。山頂からの景色は特に坊がつると三俣山が美しいし南の阿蘇外輪山と五岳もすばらしい。今回は南の炭酸泉で有名な今水登山口から東尾根を使って大船山から北大船経由風穴への時計回りのコースを設定しました。行動時間が長くハードですが大船山を満喫できるでしょう。
写真は山頂から見た大船山山頂付近にある御池の紅葉

<参加の注意点>
★料金に含まれるもの=集合場所からの交通費・温泉代・ガイド料・保険料・
★含まれないもの=昼食・行動食・個人の装備
★参加料は1週間前までにお願いします
★3日前から参加費の50%かかります。当日キャンセルは全額返却いたしません
★雨や暑さなど天候によっては行程より遅れたり、体力度が上がる場合があります。
★山行中撮影した写真についてはガイドクラブの宣伝及びDVDの購入等で使いますが、写りたくない方は事前に申し出てください。またこれらのデーターは他の目的では使用しません。
★九重大船山で九州百名山スタンプ1個が付きます。
★雨具など必要な装備が無い時など、装備不十分とリーダーが判断した時は山行を取りやめていただくことがあります。



 装備品名 ◎=絶対に必要 ○=あれば持参 △=あれば便利
 雨具  地図・コンパス
 防寒具  タオル・バンダナ
 帽子  サングラス・日焼け止め
 手袋(防寒・防水)  水に溶けるティッシュ
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計
 水・水筒1.5L以上  健康保険証写し
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  お弁当
 ヘッドランプ  百名山スタンプ地図
ミヤマキリシマの藪こぎがあります。必ず長袖にしてください。ザックは枝に引っかかる物が無いようにすっきりさせてください。長時間の行動ですので水は十分に準備してください。百名山スタンプ帳も忘れずに