紅葉の市房山(1720m)

球磨川の源流の山
南面の一番簡単コースを往復

2022年10月29日(
参加費:10、800円

体力度:3
標高差350m

行動時間4時間
ガイド:岩田

集合場所
金立SA下駐車場・・・6:00
佐賀市役所西向い・6:15
諸富ハートフル南・・・6:30
みやま柳川道の駅・・7:00

ガイドクラブ
0952-37-0577
当日090-7389-6830
上の写真は石堂から見た東面の市房、斜めに走る林道を使って登山口へ

【行程】
金立SA下駐車場6:00==佐賀市役所西向い6:15==ハートフル南6:30==みやま市役所7:00==人吉IC8:30==市房南面登山口10:00⇒出発10:30・・・市房山12:30昼食13:30・・・南面登山口15:00⇒出発15:30==西米良温泉16:00入浴17:00==人吉IC18:30==みやま市役所20:00==ハートフル南20:30==佐賀市役所西20:45==金立SA下駐車場21:00到着予定

【山とコースの概要】
市房山(いちふさやま)は熊本県水上村と宮崎県西米良の間の県境にある大きな独立峰だ。古来より人吉球磨地方の人々の信仰の対象となった山で、市房神社は平安時期に創建されたといわれる。山頂にはその上宮があり是非参拝しましょう。ちなみに一宮と里宮がそれぞれある。昔からの参拝コース(登山コース)は水上村の市房神社下のキャンプ場から一宮経由で登るルートが一般的だ。しかし標高差が11000mもあり体力の自信のあるベテラン向きとなってる。山頂から北に縦走して、周遊するコースが以前はあったが、崩壊が激しく今は通行止めとなってる。近年林道が整備されて次第に標高の高い登山口が開発された。そのため簡単に登れる山に様変わりした。山頂の北側にはチョックストーン(溝に挟まった岩)があって登って写真を撮ろう。春のアケボノツツジ・秋の紅葉・冬の雪景色と四季折々の美しい姿を持ってる市房山に挑戦しましょう。
【参加上の注意】
★料金に含まれるもの=集合場所からの交通費・温泉代・ガイド料・保険料・
★含まれないもの=昼食・行動食・個人の装備
★参加料は1週間前までにお願いします
★3日前から参加費の50%かかります。当日キャンセルは全額返却いたしません
★雨や寒さなど天候によっては行程より遅れたり、体力度が上がる場合があります。
★山行中撮影した写真についてはガイドクラブの宣伝及びDVDの購入等で使いますが、写りたくない方は事前に申し出てください。またこれらのデーターは他の目的では使用しません。
★市房山は九州百名山スタンプが付きます。
★雨具など必要な装備が無い時など、装備不十分とリーダーが判断した時は山行を取りやめていただくことがあります。

◎必ず必要な物○あれば必要な物(代用可)△あればいいもの×必要の無い物

 装備品名

 装備品名

 雨具

 地図・コンパス

 防寒具

 タオル・バンダナ

 帽子・ネックウォーマ

 ヘッドランプ

 手袋(防寒・防水)

 健康保険証・身分証明書

 スパッツ

 ビニール袋

 ストック・ステッキ

 水に溶けるティッシュ

 水(1.5L)・水筒

 サングラス

 保温ポット

 非常食・行動食

 緊急用品・医療品・常用薬

 弁当(昼食)

 携帯電話・時計

 日焼け止め

 ザックカパー

 百名山スタンプ地図