九州標高ベスト50 第四週末開催 7名限定
霧立縦走 向坂山~扇山へ
キレンゲショウマと駄賃付けの古道を行く

7月25日(日) 参加料:9,800円
体力度:4.5
行動時間7時間
標高差350m
歩行距離12km
ガイド:天野
ガイドクラブ連絡先
0952-37-0577
当日連絡先
080-5213-9676
集合場所
金立SA下駐車場・5:00
佐賀市役所西向い5:15
諸富支所・・・・・5:30
みやま市役所・・6:00


25日(日)
金立SA下5:00==佐賀市役所西5:15==諸富5:30==みやま市役所6:00==山都中島西IC8:00==スキー場向坂登山口9:30⇒出発10:00・・・向坂山10:30(1684m)・・・白岩峠(1558m)11:00・・・白岩岩峰11:30・・・水呑の頭(1646m)11:45昼食12:30・・・馬つなぎ場13:30・・・扇山山小屋14:30・・・扇山(1661m)15:00・・・扇山山小屋15:30・・・松木登山口16:00⇒移動開始16:30==通潤山荘17:30入浴18:30==山都中島IC19:00・・==みやま市役所20:00==諸富支所20:30==佐賀市役所西20:45==金立下21:00


〈山とコースの概要〉
今回標高ベスト50では霧立越しにある向坂山(むこうさかやま)と扇山(おおぎやま)を目指す。
霧立越は、九州脊梁山地を南北に続く尾根伝いを辿る古道です。その昔、熊本県の馬見原から鞍を置いた鞍岡を経由して宮崎県の椎葉まで馬の背で物資を運んだ駄賃付けの道があった。大分県の豊後から熊本県の人吉へと通じる交易に使われた道の一部ですが、昭和に自動車道が開通してからしだいに廃道となった。この古道には多くの歴史が秘められており、壇ノ浦の合戦に敗れた平家一門が鞍岡から霧立越を越えて椎葉に落ちたといれます。西南の役で田原坂の合戦に敗れた薩摩軍が西郷どんと共に人吉に逃れた道としても知られています。
この霧立越のメインのルートをスキー場から南下して、一気に扇山まで日帰り山行を目指します。距離が12kmと縦走路としては長大なコースですが、駄賃付けの道は歩きやすく快適に歩けます。

 装備品名  装備品名
 雨具  地図・コンパス
 防寒具  タオル・バンダナ
 帽子  ヘッドランプ・替え電池
 手袋  トイレットペーパー
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計・携帯
 水2L以上  健康保険証写し
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  マグカップ
  百名山スタンプ地図   日焼け止め・サングラス

<参加の注意点>
★料金に含まれるもの=集合場所からの交通費・ガイド料・保険料・入浴代
★含まれないもの=食事代・行動食・個人の装備・集合場所までの交通費
★参加料は1週間前までにお願いします
★キャンセル料は3日前から50%かかります。当日は全額返却いたしません。
★百名山スタンプ対象企画(向坂山・扇山)ですので百名山地図を持ってきてください
★雨など天候によっては行程より遅れたり、体力度が上がる場合があります。
★前日の天気予報で降水確率が50%を越えると中止もあります。中止の時はこちらから必ず連絡します
★植物の開花は年によって変わりますので花の時期がずれることもあります。
★山行中撮影した写真ついてはガイドクラブの宣伝及びDVDの購入等で使いますが、写真に写りたくない方は事前に申し出てください。またこれらのデーターは他の目的で使用しません。