スイーツサービス
ミヤマキリシマが咲き乱れるベストシーズンに登る

 
大分・くじゅう 扇ヶ鼻(1698m)
 
6月13日(日)
 参加費 
8,000

 集合場所・時間
  佐賀市役所西向い・7:00
  金立SA下駐車場・・7:15
  東脊振支所前・・・・7:30
 体力度2.5
 行動時間:約4時間(ゆっくり)
 標高差:350m
 ガイド:井原

ガイドクラブ0952-37-0577 当日:090-4993-9412

≪タイムスケジュール≫
佐賀市役所西7:00==金立SA下駐車場7:15==東脊振支所前7:30==玖珠IC8:30==牧ノ戸登山口(1330m)9:30⇒出発10:00…沓掛山11:00…扇ヶ鼻分岐12:00…扇ヶ鼻12:30昼食13:30…扇ヶ鼻分岐14:00…沓掛山15:00…牧ノ戸登山口15:30⇒移動開始16:00==温泉16:3017:30==玖珠IC18:30==東脊振支所前19:30==金立下P19:45==佐賀市役所西20:00到着予定


【山とコースの概要】
牧ノ戸峠の登山口にはトイレと売店があり、この時期大勢の登山者で賑わっています。沓掛山(くつかけやま)展望台まではコンクリートや階段の道ですが、展望台を過ぎると本格的登山道です。この舗装登山道が今回の核心部です。ゆっくり登りましょう。沓掛山の山頂を過ぎると簡単な岩場ですが、初心者には戸惑うためここで渋滞する可能性があります。登り下りの一方通行ですので、素早く通過しましょう。その岩場の上から見た直線的に伸びた登山道の先の左側に見えるのが星生山で、その右に見える、どっしりとした形の山が今回目指す扇ヶ鼻(おおぎがはな)です。大きな岩が並んだ山頂は広く展望雄大です。南側は、阿蘇の外輪山まで急に下がってる為、阿蘇五岳や椎葉の山々・祖母山などが見渡せます。また久住山を見るにはここ扇ヶ鼻山頂からの景色が一番と言う人も多く、ミヤマキリシマのが群生する人気の山です。山頂は弁当を食べたり休憩するにはちょうどいい場所なのでゆっくり過ごし、九重連山の雄大な景色とミヤマキリシマの群生を見ながら楽しみましょう。
下山は往路使い、沓掛山の山頂標識を見て帰ります。舗装された最後の下りは膝や腰の負担が大きくつかますのでストックなどを上手に使いましょう。
    左マイズルソウ・右イワカガミ


<参加の注意点>
料金に含まれるもの=交通費・温泉代・ガイド料・保険料
・ 含まれないもの=昼食(お弁当)・行動食・集合場所までの交通費・個人の装備など。
・ 参加料の入金は1週間前までにお願いします。
・ キャンセルにつきましては、登山開始日の3日前から参加費の50%かかります。
  当日キャンセルにつきましては返却いたしませんので、ご了承ください。
・ 前日12時の天気予報で降水確率が50%を越えると中止もあります。中止の時は必ずこちらから連絡します。
・花の開花はその年で違います。今年も温暖化の影響で開花が早いようです。
・ ゆっくり登山ですので早く登りたい方やゆっくり登るのが苦痛の方はご遠慮ください。
・ 山行中撮影した写真ついてはガイドクラブの宣伝及びDVDの購入等で使いますが、写真に写りたくない方は事前に申し出てください。またこれらのデーターは他の目的で使用しません。


 装備品名  装備品名
 雨具  地図・コンパス
 防寒具  タオル・バンダナ
 帽子  マグカップ・ケーキ皿
 手袋(防水)  水に溶けるティッシュ
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計
 水(1.5L以上)・水筒  身分証明書又は保険証写し
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  お弁当
 ヘッドランプ  携帯電話