花と新緑の雲仙・普賢岳W
5月16日(日)
参加料8,000円

ガイドと体力度
Aコース:二宮/体力度2
Bコース:三坂/体力度3.5
行動時間
Aコース:約5時間
Bコース:約6時間
標高差
Aコース約400m
Bコース約450m
集合場所
金立SA下駐車場・6:00
佐賀市役所西向い6:15      平成新山とミヤマキリシマ
久保田支所前・・・・6:40
鹿島市役所・・・・・・7:15 長崎多良方面の方の沿線での乗車はOKです
ガイドクラブ連絡先0952-37-0577
当日090-7445-7988

<タイムスケジュール>
鹿島市役所7:15==吹越トンネル(900m)8:30⇒9:00Bコース登山開始・・・尾根10:00・・(岩場あり)・・国見岳(1347m)10:30・・(岩場あり)・・紅葉茶屋11:00・・・立岩の峰12:30昼食13:15・・・霧氷沢14:00・・・普賢岳(1359m)14:30・・・莇谷15:30・・(登り返し)・・仁田峠16:00⇒車移動16:30
Aコース吹越トンネル9:00==仁田峠9:30++(ロープウェー利用)++妙見岳駅10:00・・・妙見岳(1333m)10:15・・・紅葉谷11:00・・・普賢岳12:30昼食13:30・・・霧氷沢14:00・・・普賢岳下部14:30・・・莇谷15:30・・・仁田峠16:00⇒車移動16:30==みずほ温泉17:00入浴18:00==鹿島市役所19:00==久保田支所19:40==佐賀市役所西向い20:00==金立SA下駐車場20:15
 ※タイムスケジュールは,天候や登山道の状況などによって変わることがあります。

<山とコースの概要> 
なぜか日本百名山から外れた九州の名峰。春はミヤマキリシマ等の百花繚乱。夏はさわやかな木漏れ日。秋は紅葉に染まった山肌。冬は霧氷で有名。このように四季折々の美しい姿を見せてくれるお勧めの山が雲仙普賢岳だ。最近は溶岩ドーム(平成新山)も落ち着いており、まじかで見ることが出来る。
Bコースは、吹越トンネルの右側の登山口から入ります。駐車場はあるのですが、トレイはありません。妙見カルデラの火口壁までの急登を登ります。稜線に上がり左折して岩場のある国見岳へ。平成新山を間近に見ていったん下ります。鳩穴コースを通って周遊して普賢岳山頂へ。途中見どころには必ず寄ります。下山は莇谷からトイレのある仁田峠へ下山します。途中Aコースと出会うでしょう。
Aコースは、ロープウェーを使って高度を稼ぎ妙見岳に寄ってから急な階段を下ると紅葉谷だ。ここから登り返して普賢岳へ。普賢岳から平成新山の手前の霧氷沢まで花を見ながら往復して、仁田峠へ下山。今年は開花が早くヒカゲツツジは終わってる可能性が高いです。その代わりミヤマキリシマが咲いてるでしょう。今回はW企画の為コーヒースイーツは付いていません。

 <参加の注意点>
・ 料金に含まれるもの=保険料・ガイド料・交通費・温泉代
・ 昼食・行動食・ファーストエイドキットなどは個人の装備として準備してください。
・ 参加料は催行日の1週間前までにお支払いください。
・ キャンセルにつきましては、催行日の3日前から参加費の50%かかります。 
・ 当日キャンセルは返却いたしませんのでご了承ください。
・ Aコースはゆっくり登りますので急いで登りたい方、ゆっくりが苦手な方は、Bコースを選んでください。
・ 花の開花はその年で違います。今年は温暖化の影響で開花が早いようです。
・ 山行中撮影した写真ついてはガイドクラブの宣伝及びDVDの購入等で使いますが、写真に写りたくない方は事前に申し出てください。またこれらのデーターは他の目的で使用しません。


 装備品名 ◎=絶対に必要 ○=あれば持参 △=あれば便利
 雨具  地図・コンパス
 防寒具  タオル・バンダナ
 帽子  水に溶けるティッシュ
 手袋  ビニール袋
 スパッツ  健康保険証
 ストック・ステッキ  非常食・行動食
 水・水筒  お弁当
 ザックカバー  ヘッドランプ
 緊急用品・医療品  お風呂セット


赤の点線がAコースで鬼人谷には行きません。しかし霧氷沢まで行く予定です。
青の点線がBコースで最終的に両コースとも仁田峠に下山します。