アケボノツツジの夏木山 (1386m)
藤河内渓谷から夏木林道を使って登山口へ。
5月2日(日)
参加費 9.000円
体力度:3.5
行動時間:約4時間半
標高差:約600m

ガイド:岩田
集合場所・時間
佐賀市役所西向い・・・・・・6:00
金立SA下駐車場・・・・・・・6:15
東脊振(吉野ヶ里)支所前 6:30

緊急連絡先
ガイドクラブ0952-37-0577当日連絡:090-7389-6830

<タイムスケジュール>
東脊振IC6:30==玖珠P==大分米良IC8:00==道の駅宇美(トイレ)9:00==夏木新道登山口(800m)10:00⇒登山開始10:30・・あけぼの平11:30・・稜線分岐12:30・・夏木山頂13:00昼食14:00・・夏木新道登山口16:00⇒移動開始16:30==藤河内ユートビア17:00入浴18:00==大分米良IC19:30==東脊振IC==吉野ケ里支所前21:00==金立SA下21:15=佐賀市役所西21:30頃帰着予定
(スケジュールは天候・登山道や道路状況により変更される場合があります。予定より遅くなった時はSAで30分ほどで軽食をとる場合もあります。


<山とコースの概要>
大分県と宮崎県の県境にある夏木山(なつきさん)は五葉岳と傾山との稜線上にある。しかも登山口が東から入った夏木林道を延々と走った奥の夏木新道登山口のみと言う、とてもアクセスが悪い山だ。また周遊コースは大ノコ小ノコの危険個所があり団体での行動は難しい。そのため往復コースとなるが、それでも何と言ってもアケボノ平から上部のアケボノツツジが見ものだ。そのため多くの登山者が苦労を重ねてこの山を目指す。
アケボノツツジは標高1000m以上の高地に生息し、夏木山のような岩場の山を好む。満開は5月上旬で花が先に咲き葉っぱが後から出てくる。そのため見上げるとピンクの花が頭上を覆ってる感じだ。特にバックが青空だと素晴らしい
登山口から登り一辺倒で山頂へ。山頂付近は岩場もあるので注意しよう。しかし岩場のある所には必ずアケボノツツジがあるので楽しみながら登れます。山頂は比較的平凡で木々の間から祖母山系や大崩山が見える。下山は往路使うが、結構泥で滑りやすい箇所があり注意して下ろう。縦走も周遊も無しだか、それでも登る価値のある山だ。

<参加の注意点>

料金に含まれるもの=交通費・保険料・温泉代・ガイド料
・ 含まれないもの=行動食・集合場所までの交通費・SAでの軽食・個人の装備など。
・ 参加料の入金は1週間前までにお願いします。
・ キャンセルにつきましては、登山開始日の3日前から参加費の50%かかります。
・ 当日キャンセルにつきましては返却いたしませんので、ご了承ください
・ 昼食が比較的遅いので、車の中や行動中に行動食を取ってください。
・ 花の開花はその年で違います。今年は温暖化の影響で開花が早いようです。
・ 山行中撮影した写真ついてはガイドクラブの宣伝及びDVDの購入等で使いますが、写真に写りたくない方は事前に申し出てください。またこれらのデーターは他の目的で使用しません。

  
装備品名 装備品名
 雨具  地図・コンパス
 防寒着  タオル・バンダナ
 帽子  サングラス
 手袋  水に溶けるティッシュ
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計・携帯
 水・水筒  健康保険証
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  昼食弁当