楽しい体験登山 足立山(598m)と
戸ノ上
(518m)足立山縦走W

3月21日(日) 参加費:5.000円(食事付)
玄界灘と市街地が見渡せる北九州企救山地
Aコース体力度:2.5
標高差500m
行動時間5時間
リーダー:岩田
Bコース体力度:4
標高差500m
行動時間5時間
リーダー:池田

集合場所・時間
佐賀市役所西向い・・6:15
金立SA下駐車場・・・6:40
東背振支所・・・・・・・7:00
高速須江パーキング7:40

<連絡先>090-7389-6830(当日)    ↑
ガイドクラブ:0952-37-0577 大台ヶ原から足立山を望む


3月21日(日)
佐賀市役所西6:15==金立SA下6:40==東背振支所7:00==須江P7:40==新門司IC8:15==戸ノ上大久保登山口(70m)8:30⇒足立山妙見神社

Bコース出発9:00…(急登)…戸ノ上山頂10:30…大台ヶ原(364m)11:00…ピーク444m12:00昼食12:45…足立山13:30…妙見山(519m)13:45参拝14:00…小文字山15:15(366m)…メモリアルクロス登山口16:00
妙見神社9:00⇒Aコース出発9:30…妙見山11:15(参拝)11:30…足立山12:00昼食13:00…妙見山13:30…小文字山…15:00…メモリアルクロス登山口16:00
⇒ストレッチ後移動開始16:30==足立IC16:45==須江P17:30==東背振支所18:10==金立SA下18:30==佐賀市役所西18:50

<山とコースの概要>
北九州小倉の東門司の南に北東に伸びる山塊があります。この山地のことを企救山地(きくさんち)と呼び、北九州国定公園として自然歩道が整備されています。縦走するには、登山口から下山口への電車バスの便がいい。しかも玄界灘と小倉や門司の街並みが見える展望台がいくつかあり、一日かけての縦走にはちょうどいい距離の為人気の山だ。
戸ノ上(とのうえ)山頂は老杉に覆われ、1000年以上の歴史のある戸ノ上神社の上宮があります。眼下に関門海峡をのぞみ、遠く周防灘、響灘、日本海、今から行く足立山が展望できます
足立山(あだちやま)は、企救自然歩道のなかでは最も高い山で、山頂から戸ノ上山や北九州の市街地を一望できます(右の写真)。山名は和気清麻呂が宇佐神宮の神託を受け、山麓の霊泉で足を癒したことから来ており、近くの妙見山には和気清麻呂が建立した全国妙見総本宮の妙見神社上宮があります。是非参拝しましょう。
Aコースはその妙見神社下宮から登り妙見山経由で山頂へ。下山は妙見山から北に延びる稜線を下り展望のいい小文字山経由で小倉の街へ下ります。
Bコースは門司の大里から登り急登を戸ノ上へ。展望を楽しみながら縦走して一旦300mのコルまで下ります。そこから登り返して足立山へ。山頂からはAコースを追いかけるように下山します。

<参加の注意点>
・ 料金に含まれるもの=交通費・ガイド料・保険料・弁当代
・ 含まれないもの=行動食・個人の装備など。
・ 参加料(5.000円)の入金は1週間前までにお願いします。
・ 申込時にA・Bコースを選択してください。前日まで変更可ですが、当日の変更はよほどのことが無い限り受付しません。
・ キャンセルにつきましては、登山開始日の3日前(木曜日)から参加費の50%かかります。
・ 当日キャンセルにつきましては、返却いたしませんので、ご了承ください。
・ 今回の体験登山は、新型コロナウィルスの影響で温泉がありません。
・ バスの席は決まっていませんので好きなところにお座りください。
・ Aコースの登山口と登山途中にはトイレはありません。途中で寄ります。
・ 前日の予報で降水確率が50%を越えたら中止を考えます。中止の時はこちらから連絡します。
・ 天候が悪く危険とリーダーが判断した時は現場で中止やコース変更する時があります

 装備品名  装備品名
 雨具  地図・コンパス
 防寒具  タオル・バンダナ
 帽子  ヘッドランプ又は小さい灯り
 手袋(防水防寒)  水に溶けるティッシュ
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計
 水(水筒・保温ポット)  健康保険証写し
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  お弁当 ×
 温泉道具 ×  スマホ・携帯電話
◎=絶対に必要 ○=必要 △=あれば便利