九重で一番簡単にミヤマキリシマ群落が見える山
 星生山(ほししょうざん)1762m
6月13日(土)
参加料8.000円
体力度2(ゆっくり)
標高差約450m
行動時間約4.5時間
ガイ ド:二宮
集合場所
 佐賀市役所西向い7:00
 金立SA下駐車場・・7:15
 東脊振振支所前・・7:30

GC連絡先0952-37-0577
当日090-7445-7988    
沓掛山付近から見たミヤマキリシマと星生山

<スケジュール> 
東脊振IC7:30==玖珠IC8:30==牧ノ戸峠登山口(1330m)9:30ストレッチ⇒10:00・・・沓掛山展望台10:30・・・扇ヶ鼻分岐11:45・・段差・・星生山12:45昼食13:45・・・星生分岐13:45・・・登山口15:30⇒ストレッチ16:00==長者原16:30入浴17:30==玖珠IC18:30==東脊振支所前19:30==金立SA下P19:45==佐賀市役所西向い20:00
※タイムスケジュールは道路や登山道の状況によって変更する事があります。


<山とコースの概要>

長者原から正面に見える山で水蒸気を噴出してるのが硫黄山で、その右側(西側)の東西に長い山の最高点が星生山だ。九重登山定番の牧ノ戸峠(トイレ売店あり)から簡単に登れる山が扇が鼻と星生山で、どちらもミヤマキリシマの群落が素晴らしく体力に自信の無い方でも楽しめる。特に星生山はそのロマンチックなネーミングで人気が高い。佐賀市の星生高校もここから名が付いた。扇ヶ鼻分岐を過ぎたところには、白いミヤマキリシマがあるのでこちらも楽しみだ。
大きな段差(アブミを設置予定)を超えて稜線に上がれば北側の景色は抜群で眼下にはミヤマキリシマの群落地だ。登山道周りにはイワカガミ(写真)が可愛く咲いてる。足元はザラザラで少し登りにくいのでゆっくり進もう。山頂から星生崎まで縦走路が続くが岩場があるため、今回は少し戻って真ん中の下山道使う。下り切るとコケモモ群落の南限となる西千里ヶ浜から来る久住への登山道と合流する。扇ヶ鼻分岐まで来ると往路と同じとなり牧ノ戸峠を目指す。

時計回りに周遊する予定だが、段差を超えるのが難しいと判断した時は反時計回りに変更することもある。

<参加の注意点>

・ 料金に含まれるもの=保険料・交通費・ガイド料・入浴料。
・ 含まれないもの=昼食(お弁当)・行動食・個人の装備など。
・ 参加料は1週間前までにお願いします。
・ キャンセルにつきましては、登山日の3日前から参加費の50%かかります。
 当日キャンセルは返却いたしませんのでご了承ください。
・ 前日の降水確率が50%を超えると中止もあります。中止の時は必ずこちらから連絡します。
・ ゆっくり登山ですので早く登りたい方や、ゆっくり登るとイライラされる方はご遠慮ください。



 装備品名 ◎=絶対に必要 〇=あれば持参 △=あれば便利
 雨具  地図・コンパス
 防寒具  タオル・バンダナ
 帽子  サングラス・日傘(昼食用)
 手袋  水に溶けるティッシュ
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計
 水・水筒(1.5L以上)  健康保険証写し
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  お弁当
 ヘッドランプ  携帯電話