阿蘇山 往生岳(1237m) ミヤマキリシマ鑑賞
5月31日(日)参加料:7,500円
体力度:3
行動時間:約5時間
標高差:100m
ガイド:二宮
GC連絡先0952-37-0577
当日連絡先090-7445-7988
集合場所
金立SA下 駐車場7:00
佐賀市役所西・7:15
諸富支所前・7:30
みやま柳川道の駅8:00
写真は杵島岳裾野から見た往生岳とミヤマキリシマ

(タイムスケジュール)
金立下7:00==佐賀市役所西7:15==諸富支所7:30==みやま柳川道の駅8:00==草千里駐車場(1150m)9:30⇒10:00・・・杵島岳分岐10:30・・・往生岳コル(1157m)11:15・・・往生岳(1238m)12:00昼食13:00・・・コル13:30・・・東尾根遊14:15・・・草千里駐車場15:00移動開始16:30==温泉センターウイナス17:00入浴18:00==みやま柳川道の駅19:30==諸富支所20:00==佐賀市役所西20:15==金立公園バス停20:30頃帰着予定 
※タイムスケジュールは道路や登山道の状況によって変更する事があります。


【山とコースの概要】
阿蘇五岳の杵島岳の北東に位置する山が往生岳だ。杵島岳に隠れて少しマイナーなため意外に登られていない。山全体が草原の山でミヤマキリシマの灌木が所々にある。そのため中岳をはじめ阿蘇全体の見晴らしがいい。
コースとしては杵島岳を超えていくのと東側を巻いて行くコースがあり、今回はトイレのある草千里駐車所から楽な東回りで行く。途中左に火口湖があり登山者を飽きさせない。往生岳の登りは意外に急でふくらはぎへの負担が大きい。偽ピークを超えると山頂が見える。帰りは往路を使うが途中から草千里方面に下って楽しむ予定。コース途中日影がほとんどないため紫外線対策は必須。また見通しがいいためトイレポイントも少ない。リーダーの指示に従って済ませよう。


 装備品名  装備品名
 雨具  地図・コンパス
 防寒具  タオル・バンダナ
 帽子・日焼け止め  ヘッドランプ
 手袋  水に溶けるティッシュ
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計
 水・水筒  健康保険証の写し
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  携帯電話
  日傘(昼食時)   弁当 ◎ 


<参加の注意点>
・ 料金に含まれるもの=集合場所からの交通費・温泉代・ガイド料・保険料
・ 含まれないもの=昼食・行動食・個人の装備
・ 参加料は1週間前までにお願いします
・ 3日前から参加費の50%かかります。当日キャンセルは全額返却いたしません。.

・ 雨など天候によっては行程より遅れたり、体力度が上がる場合があります。
・ 阿蘇中岳の活動によっては入山規制がかかる時があります。