五葉岳(1570m) お姫山 お化粧山
傾山から日之影の谷を挟んで南にある山。
日帰りギリギリ圏内 
参加費:11.000円
10月4日(日) 定員8名
行動時間4時間半
体力度4
標高差500m
ガイド岩田
集合場所・時間
 金立SA下駐車場・・5:30
 佐賀市役所西向い・5:45
 諸富支所前・・・・・・6:00
 みやま柳川道の駅・6:30
緊急連絡先     
当日:090-7389-6830
GC電話0952-37-0577
         写真はお姫山岩峰と登山者

10月4日(日)
金立SA下駐車場5:30==佐賀市役所西向い5:45==諸富支所6:00==みやま柳川道の駅6:00==みやまIC==山都中島西IC7:45==お化粧山登山口10:45⇒登山準備11:15…お化粧山12:15…ブナの三差路(昼食)13:00〜13:45…お姫山14:00…五葉岳14:30…大吹登山口15:30⇒移動開始16:00…日之影温泉17:00入浴18:00==山都中島西IC20:00==みやまIC==みやま柳川道の駅21:00==諸富支所21:30==佐賀市役所西向い21:45==金立SA下P22:00


<山とコースについて>
 五葉岳(ごようだけ)は宮崎県の日之影町と延岡市の境界にあり、アケボノツツジで知られている、鹿納山や夏木山に稜線が続いています。高速ICから遠く道は狭い。極めつけは悪路で有名な日隠林道を1時間弱進んで登山口へ。そのため日帰り登山としては厳しい時間設定となる。
登山口となるお化粧山登山口から、反時計回りに周遊します。登山口から谷あいや山腹を登り、約1時間でお化粧山です。右の写真はお化粧山手前の登山道です山名の由来が書かれた案内板があります。
お化粧山から緩やかに尾根筋を登ると、大きなブナの木があるブナの三差路と呼ばれている稜線に出ます。このピークは1571mで五葉岳とほぼ同じ高さです。南(右)行くと鹿納山に稜線が続いていて、五葉岳は左折、北方向にフラットな稜線を進みます。やがてお姫山の岩峰(上の写真)に着きます。原生林を望むことが出来る展望所です。さらに北に進むと右に分岐があり最後の登りとなる。程なく左に下山道となる道に出会うと山頂直下で、すぐに五葉岳山頂で狭い小さな岩のピークに到着する。
下山は大吹登山口への道を行く。ガレ場を進み尾根の山腹を行くと植林地があり、さらに伐採地が現れる。しばらく進むと気持ちのいい自然林が現れ、季節になるとヤマシャクヤクやトリカブトの群生地として有名だ。林道に出たところが大吹登山口で今日のゴールとなります。

<参加の注意点>
・ 料金に含まれるもの=交通費・温泉代・ガイド料・保険料
・ 含まれないもの=集合場所までの交通費・昼食・夕食・行動食・個人の装備など。
・ 遠距離なので帰着時間がずれることもあります。遅くなる時は帰りの夕食はSAで取りますが簡単に済ませてください。
・ 参加料の入金は1週間前までにお願いします
・ キャンセルにつきましては、登山開始日の3日前から参加費の50%かかります。
・ 当日キャンセルにつきましては返却いたしませんので、ご了承ください
・ 前日の予報で降水確率が50%を超えると中止もあります。中止の時はこちらから連絡します
・ 現在のところ日隠林道は通行可能(写真)ですが、台風や大雨で日隠林道が通行止めになることがあります。その時はこの計画は中止とさせてもらいます。
・ 林道がマイクロバスは通行不能の為定員は8名とさせてもらいます

装備表   ◎は絶対に必要 ○は必要 △はあれば便利(無くても・・・)
 雨具  地図・コンパス
 防寒具  タオル・バンダナ
 帽子  ヘッドランプ
 手袋(防水)  トイレットペーパー
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計
 水1.5L以上(水筒)  身分証明書・保険証写し
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  昼食用お弁当
 携帯電話  温泉道具


途中アクシデント等で到着が遅れた時は、大吹登山口からブナの三叉路へ直接登るルートに変更して時間を稼ぐこともあります。その場合お化粧山に行きませんのでご理解ください。