北アルプス積雪期登山挑戦!
蝶ヶ岳⇒常念⇒燕岳縦走

一度は行ってみたい白銀のアルプス
ピッケルと12本歯アイゼン必須

4月30日(火)〜
5月6日(月)7日間
行動時間30時間以上
標高差1600m
体力度4.5
参加費198,000円
ガイド:岩田
携帯090-7389-6830
集合場所・時間
佐賀市役所西向い
14:00
金立下駐車場14:15
東脊振支所14:30
フェリー:大洋フェリー093-481-2311(団体問い合わせ先)


4月30日(火)
朝  昼  夕 
30日 
× ×  船 
1日
弁  ○ 
2日 
3日 
4日 
5日 
6日 
× × 
佐賀駅バスセンター14:00==金立公園バス停14:15==東脊振支所14:30==新門司IC==新門司港16:00⇒17:00出航〜〜(大洋フェリー)〜
5月1日(水)大阪南港5:30==阪神高速==名神==中央道=(途中食事)=新島々12:30=(シャトルバス)=上高地14:00・・・・徳澤園16:00(風呂あり)泊(電話0263-95-2508)
2日(木)朝食7時⇒出発7:30・・長塀尾根(途中食事)・・蝶ヶ岳山頂15:00⇒蝶ヶ岳ヒュッテ15:30泊り(090-1056-3455)
3日(金)朝食6:00⇒出発6:30・・・蝶槍8:00・・・ピーク2592m9:30・・(痩せ尾根)・・常念12:15昼食13:00・・・常念小屋14:00泊(電話090-1430-3328)
4日(土)朝食6時⇒出発6:30・・・東大天井乗越9:00・・・大天井岳(2922m)12:00昼食12:45・・雪壁の降下・・切通岩13:30・・・蛙岩(穴をくぐる)15:30・・・燕山荘16:30泊り(電話090-1420-008)
5日(日)朝食6時⇒出発6:30・・・燕岳(2763m)7:15〜7:30・・・燕山荘8:30・・合戦尾根・・合戦小屋10:00・・・中房温泉11:30昼食・入浴14:00==蓼科IC15:00==中央道==名神==阪神高速==大阪南港19:00⇒出航19:50〜〜
6日(月)新門司港8:30⇒種発9:00==東背振10:30==金立下10:45==佐賀市役所西向い11:00

コースの概要
北アルプスの前面に見える表銀座と常念蝶ヶ岳は比較的簡単に登れるため人気のコースだ。安曇野から見た雪型常念坊が、山名の由来となってる。この時期はまだまだ稜線は雪の世界で、低気圧が通過すれば一面銀世界となりラッセルを強いられる。また所々に雪庇が信州側に張り出し、夏道登山道が使えない箇所が随所にある。特に大天井からの下りと蛙岩の通過が大変だ。しかし雪が少ない時は夏山のコースタイムで行けるときもあり、天候に左右されやすい。この時期上高地にはもう雪が無く、徳澤園までは通常の登山だ。長くきつい長塀尾根の後半に雪が出始め樹林帯は結構の雪がある。しかし吹き曝しの稜線は意外に雪が少ない。
蝶ヶ岳からは比較的平坦な稜線を進み蝶槍を過ぎるとアップダウンが続くようになる。天候が良ければ進行方向の左側に穂高の主稜線と槍が見える。常念の登りでは痩せ尾根があるので風が強い時は注意。山頂を超えて常念乗越まで下れば小屋がある。
ここから燕山荘までは、結構距離があり時間ギリギリとなるため急がないといけない。最初はきつい登りが続き大天井を過ぎれば切通岩まで急降下し又登返す。天候が悪い時は常念小屋から下山する可能性がある。翌日燕岳を登った後合戦尾根を下って中房温泉で入浴と食事。その間に自分が車を取りに行く


その他の注意点
・ 参加費に含まれるもの=集合場所からの交通費・食事13食・宿泊費・山岳保険代・ガイド料
・ 含まれないもの=集合場所までの交通費・その他の食事代・行動食・個人の装備等
・ 参加料は2週間前までにお願します。
・ キャンセルにつきましては、14日前から参加費の20%かかります。登山開始日の3日前から参加費の50%かかります。尚、当日キャンセルは全額返却いたしませんのでご了承ください。
・ 災害、事故、交通事故により旅程および日程の変更が生じた場合で、別途に旅行費用(交通・宿泊代等)がかかる場合は、参加者の負担となりますのでよろしくお願いします。
・ 交通機関がストップしない限りは催行します。
・ 温泉セットや着替えは、車を取りに行く間に入浴食事予定なので、コンパクトにして持って行ってください
・ 船中にはお風呂がありますので利用してください
・ 最小催行は4名の予定


 装備品名  装備品名
 雨具又は冬用アウター  地図・コンパス・案内図
 防寒具  タオル・バンダナ
 帽子・ネックウォーマー
 マグカップ
 インナー手袋・アウター手袋  水に溶けるティッシュ
 冬用スパッツ  ビニール袋
 ストック(二本用)  時計・携帯
 水・保温用水筒  身分証明書
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  冬用登山靴・冬用靴下
 ヘッドランプ・予備電池  温泉と宿泊セット
  ピッケル・ピッケルバンド   ゴーグルまたはサングラス
  12本場アイゼン   ハーネス・カラビナ
 ビーコン  ゾンデ棒・スコップ
※ハーネス・カラビナは、持ってない方には貸し出しOKです。

東天井をバックに縦走する登山者。前の写真は常念乗越から槍ヶ岳を望む
ガイドクラブ電話0952-37-0577山岳ガイド岩田担当