ゆっくり登ろう!ゆっくり登山 3月21日(祝/木)
くじゅう黒岳天狗 ユキワリイチゲと早春の草花
参加費 7.500円

体力度3(ゆっくり)
行動時間5時間半
標高差800m

ガイド岩田
集合場所・時間
佐賀市役所西向い6:00
金立SA下駐車場・6:15
東背振支所・・・6:30

ガイドクラブ
0952-37-0577
当日連絡:090-7389-6830

<タイムスケジュール>
東背振IC==玖珠IC7:30==男池登山口(850m)8:30⇒出発9:00・・(ゆっくり登る)・・ソババッケ(1097m)10:00・・・風穴(1200m)11:00・・急登・・高塚分岐12:00・・・黒岳天狗(1650m)12:30昼食13:30・・・風穴14:30・・・ソババッケ15:30・・・男池(水汲み)16:30.⇒移動開始17:00==まきばの温泉館17:30入浴18:30==玖珠IC19:30==東背振20:30==金立下駐車場20:45==市役所西向い21:00
やまなみ牧場まきばの温泉館0973-73-0080
(上の写真は黒岳山麓のユキワリイチゲで下の写真はそのブナの林床の様子



<山とコースの概要>
 
くじゅう黒岳(くろだけ)は、九重連山の東端に位置し、他の山と違って比較的古い火山で深い森におおわれている。そのため植生が豊で多くの草花や昆虫が生息している。しかしその木の根の下は大きな岩がゴロゴロしており水はほとんど伏流して沢や川は無い。そのため黒岳周辺には、有名な湧水が多く、特に特徴なのが炭酸の湧水だ。またその豊な植生のため紅葉は特に素晴らしく、一見の価値がある。早春はブナの原生林の林床に咲く可憐な草花が有名で、それを目当てにかくし水まで歩く人も多い。
今回その湧水の一つ男池から入山し、そのブナの林床を歩きながら草花を鑑賞しゆっくり登る。進行方向の左側は黒岳の急傾斜見えるが、やはり沢や水は無い。ソババッケは窪地で大雨が降れば水が溜まることもあるが今まで一度も見たことが無い。風穴にはその名の通り風穴があり、夏には冷風が穴の底から吹き上げてくる。入るにはヘルメットとヘッドランプが必要。
ここから黒岳の急登が始まり、約1時間強続く。ここを超えると山頂まで一息だ。黒岳は天狗岩が圧倒的に視界がよく、また高度感もある。下山は往路を使うが急登では落石に注意。結構長く標高差もあるため体力度が必要だが、ゆっくり時間をとって体力度3で行く予定。
下の写真は黒岳天狗岩山頂でバックに平治岳を望む


  
装備品名 装備品名
 雨具  地図・コンパス
 防寒着  タオル・バンダナ
 帽子・耳当て  サングラス
 防水防寒手袋  水に溶けるティッシュ
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計
 水・保温ポット  健康保険証
 ザックカバー
 非常食・行動食
 緊急用品・医療品  携帯電話
  ヘッドランプ  弁当(スープ) 

★アイゼンはまだまだ必要な時期ですが、持ってない方も多いため雪や積雪が見込める時は中止します。
★紫外線が強くなってきます。対策をお願いします。


<参加の注意点>
料金に含まれるもの=交通費・保険料・温泉代・ガイド料
・ 含まれないもの=行動食・集合場所までの交通費・SAでの軽食・個人の装備など。
・ 参加料の入金は1週間前までにお願いします。
・ キャンセルにつきましては、登山開始日の3日前から参加費の50%かかります。
・ 当日キャンセルにつきましては返却いたしませんので、ご了承ください
・ 天候不順、特に雪の場合やむなくコースを変更したり、予定を変更する場合があります。