霧島・高千穂峰1573m
霧島山において韓国岳と人気を分かつ秀峰は、天ノ逆鉾が立つ天孫降臨伝説の山。あの龍馬もおりょうさんと登った山

9月23日(日)
参加料 8.000円

ガイド:二宮
体力度:3
行動時間:約5時間
標高差:600m
集合場所        
 金立SA下駐車場・6:00
 佐賀市役所西向い・6:15
 諸富支所前・・・・6:30
 みやま柳川道の駅・7:00

(馬の背付近から高千穂峰を見る)
ガイドクラブ連絡先0952-37-0577 当日090-7445-7988

<山とコースの概要>
鳥居をくぐって 参道を古宮址へ向かっていき、参拝後登山道へ入っていきます。石畳の道から赤茶けた火山岩の小石が散らばる道になります。やがて樹林帯を抜けるとザレ場の急登になります。お鉢火口縁に着くと急登も終わります。火口縁にはミヤマキリシマが群生していて、5月下旬から6月上旬には見頃となります。山肌は火山灰の影響で赤く染まり美しい山容を見せています。更に進むと馬の背にさしかかります。この辺りは登山道の幅が狭いので強風時には注意しましょう。馬の背を過ぎると下りとなり鞍部の背門丘(せたお)に着きます。初期の高千穂神社はこのあたりあったと言われます。ここから山頂にかけての道も小石や砂のザレ場の急登です。滑りやすいので慎重に登りましょう。急登を登り切ると天ノ逆鉾の立つ高千穂峰山頂です。龍馬が抜こうとしたと伝わっています。360度遮るものがないもない展望が広がって至福のひと時を過ごしましょう。下山は往路を使って下りますが急な下りもあり注意が必要。 (写真は天ノ逆鉾が立つ山頂)

<タイムスケジュール>
みやま柳川IC==えびのIC9:00==高千穂河原(980m)10:00⇒出発10:30・・・古宮址参拝・・・お鉢火口縁11:30・・・馬の背(強風時注意)12:00・・(途中食事)・・高千穂峰13:30⇒14:00・・・お鉢火口縁14:30・・(下り注意)・・高千穂河原15:30⇒出発16:00==旅行人山荘16:30入浴17:30==えびのIC18:00==みやま柳川IC20:00==道の駅20:15==諸富支所前21:00==佐賀市役所西向い21:15==金立SA下駐車場21:30頃到着予定
写真は韓国岳をバックに馬ノ背付近を進む

※帰りが遅くなる場合は途中のSAで軽食を摂る場合もあります。交通事情や天候、行動の遅れなどでスケジュールが変更になることがあります。




<参加の注意点>
・ 料金に含まれるもの=交通費・保険料・ガイド料・入浴料等
・ 含まれないもの=昼食・行動食・個人の装備など
・ 参加料は1週間前までにお願いします
・ キャンセルは、催行日の3日前から50% 
・当日キャンセルは返却いたしませんのでご了承ください。.
・屋外の活動です。装備・体調を整えてご参加ください。
・霧島連山の火山活動の状況で中止になる時もあります。
・コース上は見通しがいいためトイレが難しいので登山口や山頂小屋でトイレを済ませましょう
写真は頂上直下のザラザラの登り、ストックがあると助かる。山頂はもうすぐ

 装備品名 ◎=絶対に必要 ○=必要 △=あれば便利
 雨具  ヘッドランプ
 防寒具  地図・コンパス
 帽子  タオル・バンダナ
 手袋  水に溶けるティッシュ
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計
 水・水筒  健康保険証写し
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  お弁当