脊振山忘年登山12月17日(日)
参加費4,000円 美味しい食事付・抽選で
豪華景品(無料招待券等)が当たります!

体力度
Aコース:2犬井谷⇒椎原峠
Bコース:3犬井谷⇒小爪峠
Cコース:4坂本峠⇒金山
標高差:約450m
行動時間:約4時間〜6時間
集合場所・時間
佐賀市役所西向い・・7:00
金立SA下駐車場・・7:15
東脊振支所・・・・・7:30
<緊急連絡先>
当日連絡先090-7389-6830
ガイドクラブ電話0952-37-0577
IMAGE2.JPG - 4,856BYTES
12月17日(日)
佐賀市役所西向7:00==金立SA下駐車所7:15==東脊振支所7:30⇒各登山口へ

Aコース(体力度2)
犬井谷登山口(630m)8:00⇒入山8:30・・・犬井谷分岐10:00・・自然歩道・・
脊振山11:30・・・山頂駐車場12:00(昼食とアトラクション)13:30・・・唐人の舞14:30・・・椎原峠15:30・・・椎原峠登山口16:30⇒ストレッチ17:00==三瀬温泉17:30入浴
Bコース(体力度3)
犬井谷登山口8:00⇒入山8:30・・・犬井谷分岐9:30・・・蛤岳(862m)10:00・・・犬井谷分岐10:15・・・
脊振山11:30.・・・山頂駐車場12:00(昼食とアトラクション)13:30・・・鬼ヶ鼻岩15:00・・・猟師岩山(893m)15:45・・・小爪峠16:00・・・金山林道16:30⇒ストレッチ17:00==三瀬温泉17:30入浴
Cコース(体力度4)
坂本峠(550m)8:00⇒入山8:30・・自然歩道・・蛤水道9:30・・・蛤岳10:15・・・犬井谷分岐10:30・・・脊振山11:30・・・山頂駐車場12:00(昼食とアトラクション)13:20・・・金山(967m)16:00・・・縦走路分岐16:30・・・山中キャンプ場17:00⇒ストレッチ17:30==三瀬温泉17:45入浴
温泉後の行程
三瀬温泉18:45==金立SA駐車場19:30==東脊振支所20:00
三瀬温泉18:45==佐賀市役所西向19:30
IMAGE2.JPG - 4,856BYTES

《山の概要》
福岡県と佐賀県の県境を延々と連なる脊振山地の最高峰である。脊振山という名の起こりは、竜が脊を振ったことに基づくものと言い伝えられている。神仏習合の時代には、「脊振千坊」といわれるほど多くの坊舎が建てられ、山岳宗教の中心地として繁栄したという。
しかし現在は自衛隊や気象台のレーダー基地があり、遠望したとき銀色に輝くドームが印象的である。福岡、佐賀両県から山頂直下まで車道が通じ、最近は登山者よりもドライブで訪れる人が多い。
山頂からは東西に自然歩道が走っており、景観や自然の林・見晴らしなど縦走路としてお勧めのコースである。今回山頂を中心として自然歩道を使って体力度に合わせて距離変えました。ご自分の体力に合わせて参加してください。また自然歩道のパトロールの練習を兼ねており、そのため今年は例年より割引しました。参加者の多くの方が今後県からの委託事業「自然歩道パトロール」に参加してくれることを期待しています。上の写真は山頂付近の遊歩道右は快適な自然林の縦走路

<参加の注意点>
・ 料金に含まれるもの=交通費・温泉代・昼食代・景品代(日帰り無料券など)・ガイド料
・ 含まれないもの=朝食・夕食・行動食・個人の装備など。
・ 参加料(4.000円)の入金は1週間前までにお願いします。その時ABCの希望コース選んで下さい。
・ キャンセルにつきましては、登山開始日の3日前から参加費の50%かかります。
・ 当日キャンセルにつきましては、返却いたしませんので、ご了承ください。
・ 景品はガイドさんの嗜好を凝らしたものや、日帰り無料券(1万円相当)など盛りだくさんですので楽しみしてください♪
・ 車の回送の問題があり、今回現地集合はありません
・ 当日の体調でコースを変更しても大丈夫です。今回は3コースとも西向きですので少し待てば次のチームに合流することが出来ます。またどうしても午後登山が出来ない時は食料班と共に下山することも可能です。
・ 3コースが同じバス(2台+1台)に乗るため下山口で待つことがあります。

 装備品名  装備品名
 雨具  地図・コンパス
 防寒具  タオル・バンダナ
 帽子・ネックウォーマー  ヘッドランプ
 手袋(防水・防寒)  水に溶けるティッシュ
 スパッツ  ビニール袋
 ストック・ステッキ  時計・身分証明書
 水(保温ポット)  食器・箸
 ザックカバー  非常食・行動食
 緊急用品・医療品  軽アイゼン 状況により

山頂広場でのアトラクションでは寒くなるかもしれません。防寒着をしっかり用意してください。
昼食は付いていますので弁当は必要ありません。天候によっては軽アイゼンが必要となりガイドクラブから連絡します。悪天候ではコース変更もあり得ます。
下山時刻が遅いので灯りの準備は必ずしてください。